トップページ > 血糖値改善にブロッコリーが有効

血糖値改善にブロッコリーが有効

ブロッコリーという野菜は非常に健康に良い野菜です。特に、血糖値でお悩みの方は、毎日食べておきたい野菜のひとつです。ブロッコリーに含まれているミネラルのひとつ、クロムは、インスリンの分泌を促進する働きがあり、その効果で血糖値を抑えることができます。インスリンの分泌異常が高血糖の原因になることが多いので、クロムの摂取は非常に効果的です。

 

そして、糖尿病には血糖値を下げるためにも、血管を強くするビタミンA(ベータカロテン)や、糖質の吸収を抑える食物繊維などを摂取できることが重要です。そうした栄養素もしっかり含んでいるブロッコリーは血管の状態を改善する効果の高い野菜だということができるでしょう。

 

さらに、最近注目されている成分であるスルフォラファンを含んでいるのも特徴的です。スルフォラファンはその抗酸化作用や抗炎症作用によって、肝臓をはじめとした内臓の状態を改善し、新陳代謝の向上と共にエネルギー消費を高めて血糖値を抑えることに寄与します。

 

非常に多くの健康効果をもったブロッコリーは、価格もそれほど高くないので、毎日摂取してもお財布に負担の無い食品でもあり嬉しいですね。ただし、生で大量に食べると胃腸への刺激が大きくなってしまい、傷める原因になってしまいますので、ある程度の量を食べるということにしておくのが良いでしょう。

 

ブロッコリーの新芽には多くのスルフォラファンが含まれていますから、スルフォラファンを中心に摂取したい場合はブロッコリースプラウトが有効です。