トップページ > 妊娠中は血糖値が高い

妊娠中は血糖値が高い

女性は妊娠をすると体の多くの部分に変化が生じるようになりますが、その中でも注意したいのが血糖値です。妊娠すると血糖値が高まる人がいますが、妊娠高血糖は母子ともに危険がある状況ですので、できるだけ避ける必要があります。

 

妊娠するまで糖尿病ではなかった人が妊娠中に糖尿病を発症した場合「妊娠糖尿病」と呼びます。これが生じる理由としては、妊娠中に分泌されるホルモンの働きによってインスリンの効き目が低下します。そのために血糖の分解や消費が落ちるようになります。

 

また、食事の好みが大きく変わるために、体に必要なエネルギーを摂取しやすい糖分などによって補おうとし、ジュースなどに頼る人が増え、それが原因で血糖値が上昇します。

 

基本的に母親とつながっている赤ちゃんの血糖はほぼ同じになりますので、お母さんが高血糖になれば赤ちゃんも高血糖となってしまいます。そのために赤ちゃんが異常に大きく生まれてしまったり、逆に発育不全が生じることもあり、奇形や先天性の病気のリスクが高まる上、最悪の場合は胎児が死亡するケースもあります。

 

妊娠中は血糖値を上げやすい糖質の摂取量に注意し、適度な運動をすることや、生活習慣をしっかり整えることが大切です。特に食事ではしっかり食物繊維を摂取するようにすると、血糖値の上昇を抑えるばかりでなく、この時期に多く見られる便秘を防ぐ効果も期待できます。

 

妊娠中はある程度血糖値は高くなりやすいですが、正常範囲を超えるとリスクが高まりますので、医師のアドバイスをよく聞いてしっかり血糖値を管理するようにしてください。